GyaGyaPi*Cafe

セキセイインコとへっぽこ飼い主の、ぎゃぎゃぴな記録。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の、ぎゃぎゃぴとあっし。


サビィが虹の橋へと旅立ってから、2か月が過ぎ。
ボウがサビィの元へと旅立ってから、1か月が過ぎ。

残されたぎゃぎゃぴ達のためにも、しっかりせねばー!と、
何とか前を向き、記録もたくさん残していこうと、インスタグラムも新たに始め。

でも、先月末、ダルに腫瘍が見つかりました。



その2週間ほど前に触ったときは、特になにも気にならなかったのですが、
なにやらぽっこりと、卵ほどの硬さのものが、左右に二つ。

卵なのかな…とも思いましたが、なんかもう、嫌な予感しかせず。
病院へ連れていくと、レントゲンを見て獣医さんは言いました。

「卵だと、もっと殻が白く写るのだけど、形もいびつだし…。もしかしたら未熟な卵かもしれないし、んー…腫瘍なのかなぁ…。お腹を開ければ、一番いいんだけどね…。」

もし卵だと、中で割れても大変だし、腐ってしまうこともある。
食欲、糞等、引き続き様子をみて、少しでも詰まってそうなら連れていき、
そうでなければ、また週末頃に連れていくこととなりました。

それから二週間が経ちましたが(てかまだたったの二週間なのか…!)
ダルは卵を産むことはなく、食欲も変わらず旺盛。
小さいケージに移されたせいか、出たがって遊びたがって、
プロレスのリングをバインバイン行ったり来たりするみたいに、とにかく元気にしています。
(卵だったら割れちゃうー!と、ヒヤヒヤしてました。汗)



病院へは、それから何度連れていったべ?
他の仔も、入れ替わり立ち代わり連れてったので、記憶が定かでありませんが(←領収書を見れ)
3度ほどは連れて行ったと思います。(←だから領収書を…(呆))

卵だと、今の時点で食欲モリモリではいられないから、とにかく様子を見るようにと。
結局、今はこれが限界なのですよね… 小鳥はリスクが高いから。

だからこそ、病気にしてはいけないのに。ごめんね、ダル・・



尿の色が黄色いのが、とにかく怖いです。(サビィもボウも、尿がとにかく黄色になっていったので)

IMAG5624_noexif.jpg

お野菜食べて嬉しそうなダル。
この仔は、幼鳥の頃から、よくこういう顔で私を見るんですよね。(´ー`*)(鯵に似ている)←コラ
すごく大人しくて、あまり他のびっつたちとは遊ばないけど、私が家を出るときは、決まって後追いをするし
近寄ると、羽根をぷるぷるふるわせて、ケージにはりつき近寄ってきて。





いやー…   さすがに今回は、砕けましたぁ~・・・。
たまたま、体調と重なったからそうなったのか、砕けちゃったから体調も悪化したのか
どっちがどうかは分からないけど。
とにかく、気持ちも体も、しんどかったです。(゚´Д`)

更年期障害到来かとも思いました。てか鬱なのかもとも。



素材



長年、ブログを続けていると、私だけかもしれないけれど、こういう気持ちのとき、頭の中ではブログに気持ちを綴ってるんです。
でも、書けない。
気力、体力、言葉への変換諸々…
一番アウトプットしたいときに、書けないもんなのです。

なので今、こうして書けているワシは、かなり気持ちも体も浮腫みがとれて、いくらか軽くなってきたわけでして。





いやー村長!
お薬が合ってヤッター!と思っていたのも束の間、また齧って出血ボタボタ。
しかもあっしも肩の上で齧っていたらしく、飛び去るまで分からなくって。Orz
たまたま見ていたたぼさんは、「そういえばなんか、なで肩具合がジャストミートな感じでいじっていたなぁ~」

…って、はよ言えよ!!(*>з<)=3

なので今でも、朝晩のお薬は欠かせません。
でももはや、お薬も効いているのかどうなのか…。

齧ることはしなくなって、傷跡もだいぶ良くはなってはいますが、なんせ糞が緩くて緩くて、お尻が汚れて酷くって。(涙)
あまりいじるとまた刺激になるし、そっと拭いたところで、汚れてデロンデロンになっている毛は綺麗にならず、
そんなんだから、足の付け根がただれてきていて、臭いも強烈に漂っています。

なんとか流しのシャワーへ降り立ったとき、お尻に水をかけて少しだけでも流していますが
今度病院へ行ったとき、保定して水をかけてもいいか聞いてみようかな…
ヘルニア部分が、いわば内蔵なわけだから、きっとダメと言われそうだけど。ブツブツ。


IMAG5666_noexif.jpg

でも姿勢はすこぶる良いんですよ。
元気に飛び回るし、食欲も変わらず旺盛ですし。

高齢になると、人も鳥も同じですね。^^



素材





ジロウも、お腹に腫瘍があります。
ジロウの場合はサビィとボウと同じ、肝疾患なのですが、
不思議なことに、ボウが旅立ってから、めきめきと病状が良くなっていて。

「病気の仔は、放鳥は控えた方がいい。」
獣医さんもそうおっしゃいます。
私も、サビィの時はそう思っていて、ずっと、小さなケージの中でも、
苦しまず、しんどくならず、お歌をうたったり、放鳥時に遊びにくるグリちゃんとお話ししたり
それでもいいのだと、そう思っていました。
というか、サビィの場合は、とても放鳥なんて…な状態だったから、
狭いケージの中でも、元気でいてさえくれれば、それだけで神様ありがとう。だったこともあるのだけれども。

でも、サビィ、ボウ、と続いて喪い、ジロウを同じようにケージの中に閉じ込めておくことに、迷いが生じてきてました。
たぼさんは、本来であれば野生は力尽きるまで生きて、生きて、生き抜いて、なのだから、
なにも毎日とはいわなくても、調子を見て、二日に一回でも出してあげたらいいんじゃないかと。

私もそう思いました。
なんか… これもやっぱり人間と似ているな。
結局、どっちを選んでも、きっと後悔に似た迷いの気持ちはあるのでしょう。


IMAG5622_noexif.jpg

サビィの分も、ボウちゃんの分も、ジロウはうんと長生きするんだよ!(´ー`*)

くちばしや爪の出血班も、すごく綺麗になっています。糞も!



素材





キコ&グミ。

IMAG5710_noexif.jpg

IMAG5711_noexif.jpg

二羽仲良く、只今絶賛換羽中です。

キコは代謝が悪いらしく、相変わらず痩せません。。
敷紙を替えるたび、ゴソゴソ潜っては「キーコーちゃーーん!」という私のあぷっ!に、
慌ててモソモソ上がってくる姿が、滑稽で可愛いです。

グミは、くしゃみも落ち着き、相変わらずボーっとしてます(笑)
でも、元気に遊んでます。^^





ロク&ちびすけ。

IMAG5630_noexif.jpg

ちびすけも、絶賛換羽中。
ロクちゃんは、相変わらずやんちゃにビュンビュン飛び回って、カスターと遊んでます。^^

ちびたんは、今換羽で飛べないのを分かっているのか、ケージからは出ず、
一羽でお歌をうたいながら、ロクの帰りを待っています。

餌入れは、ある一定の側のが良いらしく、同じ容器なのにロクが食べていると突いて「どいてちょ」とやっています(笑)
ロクはそのたび、うっとおしそうに困った顔でもう一つの方へと移動してます(*´艸`)




グリママ。

IMAG5689_noexif.jpg

2か月ぶりくらいかな?
久しぶりにグリちゃん大好物のオーツ麦をあげたなら、
たった数粒を、二時間以上もかけてチミチミやっていました。(*´艸`)
(写真はその時のチミチミ中w)

相変わらず、グリキュアビームで奇声を発し(笑)
そして19時にはもう眠くしぱしぱやってます。元気です。^^





カスター。

IMG_20160702_141432.jpg


カスターも絶賛、換羽中です。
この仔は頭をお手入れするとき、ケージにつかまって逆さまになり、その状態で止まり木に頭をゴリゴリ(笑)
相変わらず村長ラブで、どういうことかは分かりませんが、男の子なのに、止まり木を齧って破壊してます。

この写真は、餌入れを洗って、別の容器を設置していたら、
全く餌を食べずに一生懸命私に何かを訴えていて。
その訴えようが必死そのもので(笑)、今思い出してもおかしくなります(*´艸`)

容器をいつものに変えて、ご満悦に食べ始めたショット(笑)





素材
素材





長くなりました。
てか、忘れている仔はいないかな?

なんか、9羽になると、とても少なく感じています。





私事ですが、仕事が移動になり、来週から少し気忙しくなりそうです。
体調もまだバッチリとまではいってないので(てか、もうバッチリなんてなるのか?( ̄ω ゚̄))
更新の方、またまたのんびりになりそうです。

…て、そもそも前からのんびりだってねヾ(>▽< @)



全国的に暑い夏だと言われていますが(うちのところは昨日あたりからやっと夏です。それまでは寒かった…)
みなさま、そして全国のインコちゃん、動物たち。
元気に夏をお過ごしください。(*^ー^*)ノ



長い記事、最後までお付き合いくださいまして、ありがとうございました。



素材





本日もギャギャピ達に会いにいらしてくださいまして、誠にありがとうございます。
宜しければこちらで応援お願い致します。( *・ω・)*_ _))ペコ


にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ



やめないよー!ダルちゃん!(´▽`*)


該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。