GyaGyaPi*Cafe

セキセイインコとへっぽこ飼い主の、ぎゃぎゃぴな記録。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【セキセイインコのお迎えを、お考えの方へ】


はじめまして。「やぼ」と申します。
セキセインコ11羽と暮らしております。

今日は、これからセキセインコをお迎えしたいとお考えの方へ
私の経験が、少しでも知識としてお役に立てればと思い、この記事をあげさせていただきました。

細かいことをお伝えしようとすると、かなりの数になってしまうため
ここでは最低限、これだけはお伝えしたいと強く思うことだけを述べさせていただきます。

言葉足らずではございますが、最後まで目をとおしていただけますと幸いです。



ライン

【セキセイインコをお迎えする前に】

1.セキセイインコは、平均でも7~8年は生きます。最後までお世話が出来ますか?
2.病気になったときは、近くに鳥を診られる病院がありますか?
3.旅行や不測の事態などで、二日以上不在になる際は、誰かお世話を頼める人がいますか?
4.鳥は思いのほか、細かい粉のような脂粉が多いです。あなた様に、アレルギーはありませんか?

5.ほとんどのペットショップでは、(セキセイインコの)病気の検査をしていません。
セキセイの病気の一つに、「メガバクテリア症」というものがありますが
何羽もひとまとめにして同じケースに入れられ、売られているので、多くの個体が感染しているのが現状です。
インコの命にかかわる、とても恐ろしい病気ですが、早期発見、早期治療で、完治出来なくはない病気です。
お迎えしたら、なるべく早くに病院で検査をしてもらってください。
先住鳥がいる場合は、検査が終わるまでは接触は避けてください。

6.お迎えする前に、最低でも飼育本1冊は読んでください。
(※4月14日追記)何度も見直したはずなのに、とても大切なことを抜かしてました…。orz

ライン


以上、本当はもっと、必要最低限のことはまだまだあるのですが
これ以外の詳しいことは飼育本に載ってますので、私からはこの5つ6つを述べさせていただきます。


そして、もしよろしければ
こちらの記事も併せて読んでいただきたく願います。
『パドのこと。』




素材




私は昨日、この2つ前の記事に、上記の記事、5年前のある出来事を記録しました。
ずっと書きたいと思いつつ、書かなければと思いつつ、書けないでいたことでした。

その内容とは、ペットショップからお迎えした、まだ生後まもないセキセイインコ、パドを
私が無知なばかりに、僅か3日と半日で、死なせてしまった記録です。

記事を書きあげたときは、その内容から、読んでくださる方にだけ・・・と
ヒントを残してパスワード式にいたしましたが
それでも記事をUPしてからは、記事を公開したことを、これで良かったのかなと、ずっとモヤモヤしておりました。

ですが、あるお方から、「これはいろいろな問題を含んだお話です。」とおっしゃっていただき
それからいろいろと、考えることが出来ました。

私は、パドの分も、今いるギャギャピ達に愛情を注いでいくことが償いなんだと
そう思って参りましたが、それは間違いだと気づかされました。
そして昨日、パドの話を、「重い話」とお伝えしましたが
「ペットを飼う。」いいえ、「命を預かる」わけなのですから、重いに決まっているんです・・・!

セキセインコは、犬や猫と違い、その売値からも、気軽に迎えられる方も少なくないと思います。私もそうでした。
だからこそ、より多くの、心優しい飼い主さんにお迎えされて
より多くのインコちゃんが、幸せな鳥生を送られるよう
パドの死を、決して無駄にしてはいけない。そう考えを変えることができました。

そのお方に、心から感謝申し上げます。

そして、ツイッターにて、これからセキセイインコをお迎えされる方に向け
ご自身の経験を基に、知識と検診の重要さを呼びかけてくださったお方へも、感謝申し上げます。

そしてそして、わざわざパスワード「sonchou(村長)」まで入力し、長い記事に目を通してくださった方々へも、感謝申し上げます。



どうか、一人でも多くの方が、このブログにたどり着いてくださることを願い
パドの記事も、パスワードを解除いたします。

そして最後に、自分自身の戒めのためにも、こちらのリンクを貼らせていただき
私からは以上とさせていただきます。

『鳥の飼い主への十戒 (鳥の視点から) 』(過去記事「それぞれの休日」へジャンプします。)



今日は、コメント欄開けておこうと思います。

本日も長い記事、最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。


- やぼ -


※4月14日追記
『私は、パドの分も、今いるギャギャピ達に愛情を注いでいくことが償いなんだと
そう思って参りましたが、それは間違いだと気づかされました。』

これは、『他にも方法がある』という意味です。
後から読み返すと、言葉足らずばかりですね…。
追記だらけですみません。orz



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ



バナー貼るの忘れてた。。Orz (←寝ようとして思い出して起きてPC起動して貼った人。汗)

-6 Comments

ちぃ says...""
yabo*さんこんにちは。

今回の記事。。涙で画面が揺れて。。。最後まで読むのが辛かったです。。。
過去にこんな辛い体験をされていたのですね。。実は私もタピを向かえる前に、自分達の
無知から、オカメインコの雛の小黒を1週間で死なせてしまった過去があります…
涙が枯れるかと思うくらい泣き、毎日自分を責めました・・・
私もペットショップの人から「ヒーターはいらないよ」と言われ、それを鵜呑みにし、その後タピと出会ったペットショップで「ヒーターいらないなんてありえないよ!」と言われ、自分の無知さを改めて痛感しました。どうしてもっと色々調べてから、お迎えしようと思わなかったのか・・・私が引き取らなければ、他の人がもしかしたらこの子を迎えて、今でも幸せに暮らしていたのかもしれないのに・・・そう思って。

私には今後、インコさんを飼う資格は無い…そう思っていました。でも主人は「本当に申し訳ないと思うなら、飼う前に今度はしっかり勉強して、二度と失敗をしないで絶対に今度こそ後悔の無いように飼ってあげようよ。」そうして迎えたのが今一緒に暮らしているタピです。

メガバク検査にもお迎えしてすぐ連れて行き、毎日体重を測り、まだまだ新米で至らぬ所もありつつも、メガバクに1年前発症した時も発見が早かったね、気づいてあげれて良かったねと言われ、完治できました。そして今、毎日話しかけない、遊ばない日はなく、愛情を120%注いで(いるつもりですw)毎日手探りですが、幸せに生活しています。
でもきっと小黒の過去がなかったら、今の時間は無かったと思いますし、たった1週間でも小黒が教えてくれた事・・それは本当に本当に大きなものでした。
エゴなのかもしれません…でもせめて小黒にしてあげられなかった事をタピにしてあげたい、小黒が教えてくれた事を絶対無駄にしない、と誓いました。

yabo*さんのブログ、心がぽかぽか温まるだけでなく、「こんな工夫があるんだ!」と気づかされる事がとっても多くて、参考にさせて頂いたり、実践させて頂いていること、実は結構あります!こうしてパドちゃんが教えてくれた事から始まって、今のyabo*さんファミリーの生活があって、それを見て私のように勉強させていただいたり、教えていただいている方は決して少なくないはず。そう考えるとパドちゃんは大きな使命を全うして、お空に戻っていったのかな…と思うんです。たくさんの人に、たくさんの物を残していったんですね。。

パドちゃん、来るべくしてyabo*さんの所に来たんだと、私は記事を読んでそう思いました。ギャギャピッツちゃん達も、パドちゃんからのバトンをしっかり受け取っているのですね☆
パドちゃん、本当に有難うございます。あなたが命を持って教えてくれた事、たくさんの所で繋がっています。。

長文失礼いたしました。yabo*さんの傍で暮らしているギャギャピッツちゃん達がいつまでも元気で幸せでありますよう、いつも祈っています。。
そしていつかまたパドちゃんとサブちゃんと虹の橋で会えますように。
2015.04.14 01:13 | URL | #- [edit]
ピヨコ says..."まだ分らない事が多い鳥類"
yabo*さん
パドちゃんはいつもyabo*さんの心の中に生きていて毎日お話をしているかの様に感じました。
私も同じ様な経験を2度しています(一度は無知な私の過失100パーでした)
後悔と自己嫌悪、でもほんの数日でも”あの子の親”でいられたことが幸せでなりません。

仕事場で
「小鳥を飼いなさいよ~餌代がやすいし~」と言っていた人が居ました。
見ず知らずの方でしたが、お迎え受診やケージ・餌の事、保温の難しさ、哺乳類ではないので分からない事ばかりなのを話してやりました。(おせっかいです^^;)
もう30年近く旅行をしていない事もね。
世間ではその人程度の認識なので、今のインコ人気が怖いと思ってしまいます。
もっと知ってもらう為にツイートした方がいいのですけど^^;
目にきてしまうのでなかなかです。
この記事が目に止まってくれて、良く考えてからお迎えしてくれると良いですね。
2015.04.14 08:27 | URL | #8TVzo7t6 [edit]
あおい says..."はじめまして。"
とてもつらい体験を、公表していただいたことに感謝します。
私の家にも、現在8歳になるセキセイインコがいます。
この子は、兄のところから差し餌が終わってしばらくした頃に分け合って来た子で、もともとセキセイインコを飼うつもりのなかった私は、本当に不十分な状況でこの子を飼い始めました。
ただ、兄に対して、後悔してほしくなかったので「平均寿命を超えるまで長生きさせよう」を目標に、とにかくあらゆる知識を本やネットで検索したりしたのを覚えています。
それでも、私の住んでいる地域に鳥専門病院ができたのは、この子が3歳になったころだし、初めての病院もその時です。幸い、メガバクもなく、健康な子だったので何事もなく今に至っていますが、どれだけ知識を得ても、不十分なところはたくさんあります。
そんなときに、改めて、心の戒めになるような記事を読ませていただき、生き物の命と向き合うことの重みを実感しました。
インコブームが起きて、簡単にインコに手を出す人が増えることが無いように心から祈ります(以前、シベリアンハスキーやチワワのブームがあった時、そのブームが去るのと同時に野良犬が増えたという記事がありましたので)
こういう情報を載せるのは、勇気のいることだと思います。でも、誰かの目に留まることで、慣れてしまって麻痺していた方にも改めて戒めにもなりますし、初めての人には良い心構えになると思います。

あと、余談ですが、うちの愛犬が亡くなった後しばらく足音がしたり、水を飲みに行く気配がしたことがあります。
最後に見たその球体も、パドちゃんが会いに来たのかもしれません。肩に感じたおも見もきっとそれだと思います。

大切なのは、学習することで、反省を十分に生かせる方は命と向き合える方だと思います。今、たくさんの子たちが元気で過ごされているのは、愛情のたまものですし努力の結果だと思います。
初めてなのに、長々失礼しました。(実は時々のぞかせていただいていました。うちの子がサビィちゃんに似ているので親近感があります)

2015.04.14 10:07 | URL | #- [edit]
yabo* says...""
ちぃさんへ

ちぃさんこんにちは。(*^ー^*)
コメント、ありがとうございます。本当に、ありがとう。。(涙)
ちぃさんも、同じようなご体験をされていたのですね。
辛かった気持ちを思い出させるような記事で、本当に申し訳ございませんでした。

旦那様(ああ、「彼氏さん」から「旦那様」と呼べるシ・ア・ワ・セ♪心からおめでとうございます!^^)
つくづくつくづく、本当に素敵な方ですね(ハート)
そのお気持ちのお蔭で、今ちぃさんも旦那様も、本当に愛くるしい「タピさん」という家族と出会えて
小黒ちゃんの命のバトンは、タピさんにしっかりと繋がることが出来たのですものね。

タピさんの体を、メガバクが襲ってきたとき、
ちぃさんの頑張りと、タピさんの頑張り。一緒に戦っていたときのこと、今でも覚えてます。
早期発見でも、タピさん本当にしんどそうでしたものね(涙)
メガバクが憎くて憎くて、ほんとたまりませんでした。
そして完治した時は、思わず涙しながら良かったね!良かったね!って、安堵しました。
それからかな?ちぃさんのブログへお邪魔させていただくときは
まずはじめにちぃさんの元気な様子が伺えるようなタイトルを見ると、それだけで安心しちゃったり(笑)
もう、すっかり親戚のおばちゃん状態です(笑)
でもそれってきっと、全てのインコブログユーザー様に、共通することなのかもしれませんね。(´ー`)

私もちぃさんのブログ、大好きですよ!!!
タピさんのことはもちろん、ちぃさんのブログには、元気、幸せ、時には悩み、迷い、
等身大のありのままの言葉で、ちぃさんの想いがたくさん綴られていて、ちぃさんの素敵なお人柄が溢れてて☆
そんな素敵なちぃさんから、そのようにおっしゃっていただけるなんて、
ほんと私にはもったいなくてもったいなくて、申し訳ないやら有難いやらで・・・
でもやっぱり、申し訳ないです・・・!(><)ゞ(笑)

・・・パドの記事を書いて、そのあと考えを変えることができ、また再度記事を書くことが出来。
その時はもう、自分のことよりも、「一羽でも多くのインコちゃんと、そして飼い主さんに。」との想いの一心で、腹を据えて書き上げたつもりでましたが、そして何度も何度も読み返して、就寝いたしましたが
翌日再度読み返すと、言葉足らずはあるわ、HNを「yabo*」なのに「やぼ」と書いているわ
まーもうもうもうもう(前の晩は気づかなかった。汗)、どんだけ自分、緊張しながら書き上げたんだろうと、情けなくなってしまってました。Orz(苦笑)
そして昨日は、何故かぐったり(^^;)
せっかくお忙しい時間を割いて、お心を寄せてくださったのに、
お返事が今日になってしまい、本当に申し訳ございませんでした。

実は、コメント欄を開けるのも、かなりの勇気を振り絞りました(爆)
厳しいお言葉を、覚悟してましたから・・・。



ちぃさん。お陰様で、パドがまた生きているような気持になっているんです。(´ー`゜)
もうとっくの前に生まれ変わって、今頃は、心優しい飼い主さんの元で、元気に幸せいっぱい暮らしているか
野生の中で、毎日をサバイバルに本来の姿で飛び回っているか、そのどちらかを望んでいますが
「魂」は、生まれ変わって個体に入ってそこで「100%」とは思ってないので(←なんか意味不明なことを言い出してるぞ。汗)
カケラというか、想念というか、そういった「パド」が、私の左の肩にいてくれてるような、そんな気持になってます。
うう・・・また涙が。(T_T)笑

記事を書いて良かった。ちぃさん心から、ありがとう☆(涙)


ちぃさんも、いつかまた、虹の橋で小黒ちゃんと会えますように。

温かいお言葉、ありがとうございました。

2015.04.15 13:54 | URL | #- [edit]
yabo* says..."Re: まだ分らない事が多い鳥類"
ピヨコさんへ

ピヨコさんこんにちは。(*^ー^*)
温かいお言葉、心からありがとうございます。(涙)

ピヨコさんも、お辛いご体験をされていたのですね・・・。
辛かったお気持ちを、思い出させるような記事を書いてしまい、本当に申し訳ございませんでした。

『でもほんの数日でも”あの子の親”でいられたことが幸せでなりません。』

ピヨコさんがご自分を責めて責めて、どれだけ苦しんだかが、この言葉から伝わってきて涙が出ました。
そうですよね。いつまでも泣いて後悔してばかりでは、虹の橋へと送ってあげられませんものね。
うん。(そしてただ今号泣です。涙)


パドの記事をようやく書くことが出来て、そこからまた考え方を変えられることが出来て
そしてピヨコさんをはじめ、温かいお言葉までもいただけて(これは本当に予想外でした)。
なんだかパドが、生きているような気持ちになっているんです。
私の左肩にとまっている感じ。たとえ思い込みでも、しっかりとそう感じています。

それは単に、私の中の気持ちの「変化」の現れなのでしょうが
そして、パドとの日々は、本当に僅かな日々でしたが、
パドの命を、きちんと繋いでいこうと思えました。

そうなんですよね。今のインコブーム。私も怖いと思っております。
ツイッターや他の媒体とかでも、耳を疑うような、直視できないような・・
とても人間のすることとは考えられないような、そんな身勝手な人間のせいで犠牲になったインコちゃんが、本当に多すぎる。。(涙)

私もメッシを飼うまでは、鳥を狭いケージの中で飼うことについて、はたしてそれってどうなんだろうと思っていました。
でも、飼い鳥として生まれてきた彼らは、飼い鳥としてしか生きられないんですよね。
(一部、野生化して生きのびている元飼い鳥さんたちも中にはいますが。)
だから飼い鳥として生まれてきた仔には、人間の下で、飼い主さんと楽しい鳥生を送ってほしい。
でもそれもきっと、もしかしたら人間の都合の良い考え方なのかもしれないけれど。
そもそも命を売る商売がある限り、いろいろな問題は無くならないと思うところも。


北国のスズメは、冬を越せずにかなりの数が命を落とすと何かで読んだことがあります。
私が子供の頃は、真冬でもタオルをペロっとかけただけで朝まで過ごさせていたし
セキセイインコが7~8年、長ければ10年以上も生きる鳥さんだとは、大人になってから知りました。
保温が必要、でも少しでも温度が高いと発情をする。メスは可愛がり過ぎても発情をする。卵を産むのは危険を伴う。
まだまだまだまだ、たっくさんの難しいところはいくらでもありますよね。

今ではもう、あれよあれよとこんなに大所帯になってしまいましたが
ほんっっっと!お金もかかるし!!!(笑)

なのでテレビとかで、「インコは簡単に飼えてお世話も楽♪」みたいなことを
言わないでほしいって、本気で思いますわーーー!(*>з<)ノノ┻┻;:'、・゙

インコに限らず、命を預かることに、簡単も楽チンも、そんな命は一つもないです。
ピヨコさんの忠告は、大拍手を贈りたいです!!!☆


私も、もっとツイッターや他の媒体に目を通して、
酷い現実を、もっと世に配信出来ればいいのかもしれませんが
昔から、動物(や子供とかお年寄りとか弱者)に関しては、ニュースを見ただけでも頭から離れなくて
しばらく引きずって精神衛生上、かなり負荷がかかってしまうんです。(汗)
なので、いけないとは思いつつ、あまり見聞きしないようにしていたりして。
ピヨコさんも、ご自身の目が一番です。どうかお大事にされてください。


> この記事が目に止まってくれて、良く考えてからお迎えしてくれると良いですね。

ありがとうございます。
一羽でも多くのインコちゃんに、パドの命のバトンが繋がることを願うばかりです。

ピヨコさん、お忙しい中、温かいお言葉をお寄せくださいまして
心から、心から。

ありがとうございました。

2015.04.15 14:58 | URL | #- [edit]
yabo* says..."Re: はじめまして。"
あおいさんへ

はじめまして。(*^ー^*)ゝ

実は、コメント欄を開くとき、かなりの覚悟がありまして・・・(苦笑)
でも自分のことは厳しいお言葉をいただいても当たり前だ。
大切なのは、パドの命を、一人でも多くの方に繋いでいただくことなんだ。と思い
ここを開いたわけですが
まさかこれほどまで、あおいさんをはじめ、温かいお言葉をかけていただけるとは思ってもおらずでして。。(涙)

昨日はもう、仕事をしながら、ありがたくてありがたくて、ごまかすために何度目薬点したことか(苦笑)

心から、ありがとうございます。


あおいさんも、セキセイインコと暮らしてらっしゃるのですね。^^
8歳ですか!もうお婆ちゃん(お爺ちゃんかな?笑)なのですね。
お兄様は、あおいさんがしっかり命と向き合える方だと分かっていたから
あおいさんに雛の命をお預けできたのだと思いますよ。・・・って、はじめてお話する方に、なにを偉そうに。ですが。^^;

そしてそれを、しっかりと8年間。向き合い続けてきたあおいさんは
まさにインコカーチャンの鏡です!☆
そのようなお方から、私にはもったいないほどのありがたいお言葉をいただいて
本当に本当に、光栄です!☆ ・・・が、やっぱり申し訳ない思いで恐縮です。(汗)


あおいさんのお住まいになられる地域では、最近とはいえ、鳥専門の病院が出来たのですね。
それはとても心強いですね!^^
まだまだ全国的にも、鳥を専門的に診られる病院は、数少ないのが現状ですものね。
もっと医学が発達して、鳥に関しても研究が進んで、それを多く学ぶ獣医さんが増えることを願うばかりです。

そして、実は私も、最近のインコブームは怖いと感じておりました。
もちろん、一羽でも多くのインコちゃんが、優しい飼い主さまと出会えて、
楽しい鳥生を送ることは望むばかりのことなのですが
あおいさんがおっしゃられるように、ワンちゃんのブームの陰に、たくさんの犠牲となったワンちゃんたちがいることも事実ですものね。。
私は正直、(これ言っていいのかわかりませんが)生体を販売するやり方に、すごく嫌悪を抱いております。
ドイツのように、里子制度にして、動物や鳥さんをお迎えしたい人は、そこに出向くがいいんじゃないかと。
というか今の日本では、保健所に出向いて一匹でも多くの命を救ってほしい。
ドイツのようになるには、経費やなんかで、いろいろな問題とかも出てくるかとは思うのですが
ドイツが殺処分ゼロ、里子制度を行えているのだから、日本だってできないはずはないと。
もっと、「命」に対しての教育を、行える国であってほしいと。

ってすみません。つい熱くなってしまいました。(汗)
(そんな私も、当時はなにも知らなくて、ペットショップからお迎えをしたのだけれど。)

私自身も、そうだったのですが、動物を見て「可愛い」と思う気持ちは自然とわいても
「お世話をする」ということが、それがどういうことか、いかに大変なことかということは、
はじめからわいて分かるものではないんですよね。
だからこそ、そういった教育を行える国であってほしいし、それが結果、理不尽な殺人もなくなっていくかもしれないし

・・・ってまた熱くなってしまいました。(汗)



こんなこと言っておりますが、私もまだまだまだまだ、な、飼い主でして。
この記事を書きあげてから、また改めて「鳥の十戒」を読んで、襟を正す気持ちでおります。
ギャギャピ達にも、いつもよりもさらに満面の笑みでの話しかけです。(きっとうざがられています。きっとやきっと。。。(T_T)笑)


> あと、余談ですが、うちの愛犬が亡くなった後しばらく足音がしたり、水を飲みに行く気配がしたことがあります。

あおいさんも、同じようなご体験をされているのですね!
ますますあの球体は、パドだったんだと確信が持てました!



> 大切なのは、学習することで、反省を十分に生かせる方は命と向き合える方だと思います。

このお言葉を、しっかりと胸に刻ませていただきました。
大切な、力強いお言葉を、ありがとうございました。


あおいさんのところのインコちゃんは、うちのサビィに似てるのですね♪^^
それではこの後、ホヤホヤのサビィの記事をUPいたしますね!


あおいさん、貴重なお時間の中、温かいお言葉と大切なこと、
そしてなにより、お心を寄せてくださいまして、本当にありがとうございました。

とてもとても、ありがたかったです。(´ー`゜)


2015.04.15 16:13 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。