GyaGyaPi*Cafe

セキセイインコとへっぽこ飼い主の、ぎゃぎゃぴな記録。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お知らせ。







2012年5月7日に、我が家で生まれたサブちゃん。


2012-07-15 007 (550x413)


その2か月後の、2012年7月15日。
この写真を撮ったすぐ直後に
お世話になっている動物病院へと、里子に出しました。


その時の記事です。
宜しければ読んでやって下さい。
↓↓↓

『寂しいけど、里子に出しました。』






夕べ、ちょっとした事故がありまして
本日、ロクと、ついでのメッシを、病院へと連れて行きました。








獣医さんから、告げられました。









先月の31日、サブが亡くなったと。










前の日、お腹が少し膨らんでいて
卵かな?と思ったそうですが、卵ではなく。

翌日病院へ着くと、もう、動かなくなっていたそうです。



「もしかしたら、ヘルニアだったのかもしれない・・・けど・・・」



獣医さんも、あまりにも突然の出来事に
ショックを隠し切れないご様子でした。















先月の27日。
ちびすけが、爪を折る怪我をしたため

20130727_190751 (550x413)

4羽を連れて、病院へとお邪魔した時の写真。





この時が、サブちゃんとの最後の対面となってしまいました。

20130727_190546 (550x413)


20130727_190536 (550x413)



この4日後に、サブは・・・


















病院では、溢れる涙をこぼさないよう、頑張ったけど
車に乗り込んでからは、もうダメでした。







僅か1歳で、虹の橋へと旅立ってしまったサブ。

















サブちゃん・・

そっちでいっぱい遊んだら、今度は大空を羽ばたける
野生の鳥さんとして生まれておいでね!!


それか、うんと可愛がってくれる飼い主さんのところへ!

「私のところへもう一度!」 と、叫びたいけど
一度里子へ手放しといて、とか
いろんな思いがまだ支離滅裂状態で整理がつかず・・・
って、ほんと支離滅裂ですまん。サブ・・。



2012-07-15 003 (550x413)


バイバイ。  サブ・・

私の思いは、虹の橋で邪魔してないかな・・ (汗)



















突然のことに、涙を堪えることだけに必死で
可愛がって下さった獣医さん、そしてスタッフの方々に
お礼を言うのをものの見事に忘れてきてしまいました。
次に行ったら、ちゃんと伝えなくちゃ。

そして、サブを里子に出した当初
右側の「我が家のインコたち」からサブを抜いた私に
「お願いだからサブちゃんを残してあげて」
と、そうおっしゃって下さったピヨコさん。
その節は、本当にありがとうございました。
また、一緒に寂しがって下さったみなさま。
ありがとうございました。
サブはこれからも、ずっと我が家で生まれた3女として
この場に記させて頂きます。

悲しいお知らせで、心苦しいですが
ほんと・・・
こうやって、突然会えなくなってしまう命なんだな・・
改めて、そう思いました。
だからこれからも、一羽一羽、心を離さず
愛情と責任をもってお世話をしていきます。

なかなか、更新が滞ってしまいがちですが
これからも、GyaGyaPi達を
ちょくちょく覗きにいらして頂けると、心強いです。

本日も、ありがとうございました。


2013年8月13日 yabo*




※盆中のため、いつも以上にお返事が遅れそうですが
閉じるのもサブに悪い気がするので、開けさせて頂きますね。
ですがどうか皆様、お気遣いなくお願い致します。
気持ちを切り替え、時間を作りましたら
後日、夕べのロクの事故記事も綴らせて頂きます。
ちなみに、留守中に起きた事故でしたが
幸い大事には至らず、みな元気ですのでどうかご心配はなさらないで下さいね。





本日もご来訪、ありがとうございました。
宜しければこちらで応援お願いします。




ブログランキング・にほんブログ村へ



-10 Comments

ピヨコ says..."またあえるからね"
yaboさん こんにちわ
なんて、、、さみしい。。。
4日前のあんなに可愛いお顔が最後なんて。
この感じって、元気な子には見えないですね。
小さい子は仕方が無いけど、もう元気に飛びまくって遊んでいますよきっとね。
家のぴっころにも会えたかな?
かわいかったサブちゃんはみんなの心に生きているからね。
2013.08.13 17:10 | URL | #8TVzo7t6 [edit]
ゆう says...""
はじめまして。

サブちゃん、すごくかわいい子ですね!拝読させていただいて、私も涙がでました…僅か一歳で…しかも、病院という場所にいたのに何故…と思ってしまいました…(T_T)

サブちゃん、また生まれ変わって今度はおうちで楽しくいっぱい飛んで遊べるといいね!
2013.08.13 18:56 | URL | #- [edit]
百物語ガール says...""
子供の頃…、小学生だったか?
ウチでもやっぱりインコ飼ってて。

最初は、やっぱり水色(サブちゃんよりは青味が強かったかなぁ。頭は白ではなかったですね)と、グリーン(グリちゃんにとっても近い感じ)の2羽で(ちなみに、名前はなぜか全く憶えてないです)。

ウチの場合は、その水色のインコが長生きで(確か、メスだったと思うんだけど…)。
グリーンの方が、先に死んじゃったんですけど。
あの朝に鳥かごを見て、かごの下にグリーンのインコが、ぼとって感じに落ちてた光景っていうのは、なんだかいまだに憶えてますねー。

写真を見ると、サブちゃん、おっとり、ひょうきんな可愛いヤツって感じなだけに、yaboさん悲しみも大きいですよねー。
お気持ち、察します。
2013.08.14 23:26 | URL | #- [edit]
yabo* says..."Re: またあえるからね。"
ピヨコさんへ

ピヨコさん、お久しぶりです。
記事をUPしてすぐ、こちらへいらして下さいまして、本当にありがとうございます。

ほんとね・・・
今日も仕事中、何度も思い出しては、涙を堪えておりました。
どうしても、サブに対して、「ごめんね」という想いが強くって。。
環境的に、ケージから出て遊ぶことが出来ないところへ里子に出すことへ
当初私の中では、引っ掛かりがあったもので。
でもだったら断れよ、の世界ですし、
なにより広いケージの中で、いつもピョンピョン元気に跳ね回って遊んでいるサブを見るうち
そんな思いもなくなっていったんですけどね。
あの元気っぷりは、うちの子達よりも上でしたもん。(´ー`゜)
でも・・ こうなってしまった今、どうしてもたらればを考えてしまって・・・
ダメですね。なにより可愛がって下さった獣医さんやスタッフの方々に、失礼ですよね。

> この感じって、元気な子には見えないですね。

はい。私もこの写真を撮ったとき、「あれ?」って思いました。
でも、この日はもう夜も遅かったので、眠いのかな・・って、あまり深くは考えませんでした。
もうこのあたりから、調子が悪かったのかもしれませんね。

> 小さい子は仕方が無いけど、もう元気に飛びまくって遊んでいますよきっとね。
> 家のぴっころにも会えたかな?
> かわいかったサブちゃんはみんなの心に生きているからね。

ピヨコさん・・ ありがとうございます(泣)
今日ね、午前中は、もう近年稀にみるくらい、目がぼっこり腫れてしまってて
ほんといつもに増して酷い顔だったんですよ;w(涙酒飲んで浮腫んだせいもあるけれど;w)
周りの人たちも、気を遣ってか、誰もつっこまなかったし(爆)

ぴっころちゃんと一緒に、元気に飛び回って遊んでいるかな?
ああ・・ まだやっぱダメだ。涙腺決壊しちゃう;w

ピヨコさん。ありがとうございました。

2013.08.15 00:13 | URL | #- [edit]
yabo* says...""
ゆうさんへ

ゆうさん、はじめまして。(´ー`)
ご訪問&コメント、ありがとうございます。
・・・てか、すみません。
いつもでしたら、もっとテンション上げ上げで両手を広げて大歓迎アピールするところなんですが
何分こんな状態なので・・・ テンション低くてすみません。(ーー。)
でも、お声をかけて頂けて、とても嬉しかったです。
ありがとうございます。(´ー`゜)

> サブちゃん、すごくかわいい子ですね!拝読させていただいて、私も涙がでました…僅か一歳で…しかも、病院という場所にいたのに何故…と思ってしまいました…(T_T)

はい。ほんと可愛い子でしたよ。・・って、過去形で話すのがまだ辛いですが(苦笑)
ゆうさん。一緒に泣いて下さって、ありがとうございました。
病院にいても、救えないほど急に命を落とすことって、きっと小鳥には多いのかもしれません。
様子を見るとか、あまり出来ない動物ですもんね。
あれから、うちの子たちがちょっとでも元気がないように見えると、ビビッてしまいます;
でも、元気に今日も飛びまくっていましたけどね(笑)
あ、4羽は風切り羽根が抜けちゃっているので、ケージ待機でしたけど。^^;

> サブちゃん、また生まれ変わって今度はおうちで楽しくいっぱい飛んで遊べるといいね!

ゆうさんのお言葉に、本当に癒されました。
ありがとうございます(涙)
サブの分も、うちの子達を、今まで以上にうんと可愛がって、大切にしていこうと思います。

ゆうさん、ありがとうございました。(´ー`)

2013.08.15 00:26 | URL | #- [edit]
yabo* says...""
百物語ガールさんへ

こんばんは。
ご訪問&コメント、ありがとうございます。(´ー`)

百物語ガールさんも、鳥さんと暮らしたご経験があるんですね。
そして、青色とグリーンの番だったのですね。
私も子供の頃、同じ色の番のインコを飼っていました。
しかもやっぱり、水色がメスでした(笑)

> あの朝に鳥かごを見て、かごの下にグリーンのインコが、ぼとって感じに落ちてた光景っていうのは、なんだかいまだに憶えてますねー。

うんうん。。私も覚えています。
本当に、亡骸そのものですよね・・・
心なしか、軽くも感じました。魂の、重さ分なのでしょうかね。。

> 写真を見ると、サブちゃん、おっとり、ひょうきんな可愛いヤツって感じなだけに、yaboさん悲しみも大きいですよねー。
> お気持ち、察します。

ありがとうございます。
陽気で懐っこくて、おデブさんで、でもちょっとビビり屋で。
そんな子でした。

百物語ガールさん、ありがとうございました。

2013.08.15 00:33 | URL | #- [edit]
sioco says...""
まさかまさかの想像だにしていなかったサブちゃん…。
ちびちゃんにお顔は似てる感じだし色を見てればダルちゃんのよう。
ああだったらこうだったらと考えても涙しか出ない。・゚・(ノД`)・゚・。
yabo*さん家にはいなくてもyabo*さんちの子ですいつまでも。
ダル、ちび、サブってこれからも数えます。
2013.08.15 15:01 | URL | #- [edit]
さぶりん☆ says...""
サブちゃんにとっての 1年は とっても幸せな一年だったよ!
2013.08.16 08:35 | URL | #4nHpPTls [edit]
yabo* says...""
siocoさんへ

こんばんは♪
いつもお心を寄せて下さいまして、ありがとうございます。

ほんとにね・・・
最初、獣医さんから告げられた時は、気が動転してしまったのか
淡々とロクやメッシの症状を説明してました(苦笑)
だんだん、ジワジワと、その意味が細胞を行き渡るようになって初めて
まず涙がぶわっと溢れそうになり、次にようやく、そのことについてお話が出来るようになりました。
でもね、今、何日か経って、初めてそこまで考えられるようになりましたが
獣医さんもね、相当ショックを受けていました。
そりゃそうですよね。私よりもずっと、サブと一緒にいて、可愛がっていたわけですから。
でもそう考え始めたら、私の気持ちはだいぶ楽になってきましたよ。
siocoさん、一緒に悲しんでくださって、本当にありがとうございました。(´ー`゜)

> yabo*さん家にはいなくてもyabo*さんちの子ですいつまでも。
> ダル、ちび、サブってこれからも数えます。

ありがとうございます(涙)
もうね、その時のお話(笑)、こんなに嬉しいことはないですよ。
多分taboさんなんか、全員名前言えないと思いますよ?(爆)

siocoさん、何度でも何度でも、心からありがとう。(´ー`゜)

2013.08.16 21:12 | URL | #- [edit]
yabo* says...""
さぶりん☆さんへ

こんばんは♪
ご訪問&温かいお言葉、ありがとうございます。

さぶりんさんのお言葉を今朝聞いて、なんかガツンと、目が覚めました。
私、とっても間違っていたなって。
そうですよね。私、自分の気持ちばかりを考えて、勝手に悲しんでいたように思います。
サブに視点を置いて考えたら、なんだかサブに、首を傾げられながら
「yabo*さん、なんで泣いてるでちか?」って、不思議がられてるような気がしました(苦笑)
獣医さんやスタッフの方々はもちろん、来院者や、それこそラブラブだったオス君に囲まれながら
とっても元気にピョンピョン遊んでいた姿が、幸せだったことを物語っていますよね。

さぶりんさんのお蔭で、なんだか楽になりました。
さぶりんさん、ありがとうございました。(´ー`゜)

2013.08.16 21:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。