GyaGyaPi*Cafe

セキセイインコとへっぽこ飼い主の、ぎゃぎゃぴな記録。
MENU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【セキセイインコのお迎えを、お考えの方へ】


はじめまして。「やぼ」と申します。
セキセインコ11羽と暮らしております。

今日は、これからセキセインコをお迎えしたいとお考えの方へ
私の経験が、少しでも知識としてお役に立てればと思い、この記事をあげさせていただきました。

細かいことをお伝えしようとすると、かなりの数になってしまうため
ここでは最低限、これだけはお伝えしたいと強く思うことだけを述べさせていただきます。

言葉足らずではございますが、最後まで目をとおしていただけますと幸いです。



ライン

【セキセイインコをお迎えする前に】

1.セキセイインコは、平均でも7~8年は生きます。最後までお世話が出来ますか?
2.病気になったときは、近くに鳥を診られる病院がありますか?
3.旅行や不測の事態などで、二日以上不在になる際は、誰かお世話を頼める人がいますか?
4.鳥は思いのほか、細かい粉のような脂粉が多いです。あなた様に、アレルギーはありませんか?

5.ほとんどのペットショップでは、(セキセイインコの)病気の検査をしていません。
セキセイの病気の一つに、「メガバクテリア症」というものがありますが
何羽もひとまとめにして同じケースに入れられ、売られているので、多くの個体が感染しているのが現状です。
インコの命にかかわる、とても恐ろしい病気ですが、早期発見、早期治療で、完治出来なくはない病気です。
お迎えしたら、なるべく早くに病院で検査をしてもらってください。
先住鳥がいる場合は、検査が終わるまでは接触は避けてください。

6.お迎えする前に、最低でも飼育本1冊は読んでください。
(※4月14日追記)何度も見直したはずなのに、とても大切なことを抜かしてました…。orz

ライン


以上、本当はもっと、必要最低限のことはまだまだあるのですが
これ以外の詳しいことは飼育本に載ってますので、私からはこの5つ6つを述べさせていただきます。


そして、もしよろしければ
こちらの記事も併せて読んでいただきたく願います。
『パドのこと。』




素材




私は昨日、この2つ前の記事に、上記の記事、5年前のある出来事を記録しました。
ずっと書きたいと思いつつ、書かなければと思いつつ、書けないでいたことでした。

その内容とは、ペットショップからお迎えした、まだ生後まもないセキセイインコ、パドを
私が無知なばかりに、僅か3日と半日で、死なせてしまった記録です。

記事を書きあげたときは、その内容から、読んでくださる方にだけ・・・と
ヒントを残してパスワード式にいたしましたが
それでも記事をUPしてからは、記事を公開したことを、これで良かったのかなと、ずっとモヤモヤしておりました。

ですが、あるお方から、「これはいろいろな問題を含んだお話です。」とおっしゃっていただき
それからいろいろと、考えることが出来ました。

私は、パドの分も、今いるギャギャピ達に愛情を注いでいくことが償いなんだと
そう思って参りましたが、それは間違いだと気づかされました。
そして昨日、パドの話を、「重い話」とお伝えしましたが
「ペットを飼う。」いいえ、「命を預かる」わけなのですから、重いに決まっているんです・・・!

セキセインコは、犬や猫と違い、その売値からも、気軽に迎えられる方も少なくないと思います。私もそうでした。
だからこそ、より多くの、心優しい飼い主さんにお迎えされて
より多くのインコちゃんが、幸せな鳥生を送られるよう
パドの死を、決して無駄にしてはいけない。そう考えを変えることができました。

そのお方に、心から感謝申し上げます。

そして、ツイッターにて、これからセキセイインコをお迎えされる方に向け
ご自身の経験を基に、知識と検診の重要さを呼びかけてくださったお方へも、感謝申し上げます。

そしてそして、わざわざパスワード「sonchou(村長)」まで入力し、長い記事に目を通してくださった方々へも、感謝申し上げます。



どうか、一人でも多くの方が、このブログにたどり着いてくださることを願い
パドの記事も、パスワードを解除いたします。

そして最後に、自分自身の戒めのためにも、こちらのリンクを貼らせていただき
私からは以上とさせていただきます。

『鳥の飼い主への十戒 (鳥の視点から) 』(過去記事「それぞれの休日」へジャンプします。)



今日は、コメント欄開けておこうと思います。

本日も長い記事、最後までお付き合いくださいまして、誠にありがとうございました。


- やぼ -


※4月14日追記
『私は、パドの分も、今いるギャギャピ達に愛情を注いでいくことが償いなんだと
そう思って参りましたが、それは間違いだと気づかされました。』

これは、『他にも方法がある』という意味です。
後から読み返すと、言葉足らずばかりですね…。
追記だらけですみません。orz



にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ



バナー貼るの忘れてた。。Orz (←寝ようとして思い出して起きてPC起動して貼った人。汗)

スポンサーサイト

それぞれの休日。



とっても素早いんですよ♪






わははは!






白ければおっぱいアイスだね。(笑)







くっくっくっく♪(*´艸`)





家族団欒♪







あ。見つかっちゃった。(汗)



あ・・・。(汗)



なんでもないですよ~。^^;



ドキドキ・・ ドキドキ・・・



失礼致しました。(笑)




ほっ。(*^^;)








最後のドカ雪かな?




ほんとだね。でも多分、これが最後のドカ雪だと思うよ。(´ー`*)

これが来ないと、春は来てくれませんからね~

(夕べからずっと、吹雪なんです。。汗)


ライン






鳥  鳥の飼い主への十戒 (鳥の視点から)


1. 私は10年かそれ以上生きるでしょう。飼い主と別れるのは大変辛いのです。お家に連れて帰る前にその事を思い出して下さい。

2. あなたが私に望んでいることを理解する時間をください。

3. 私を信じてください-それが私の幸せにとって重要なのです。

4. 長い間私に対して怒らないでください。罰として閉じ込めたりしないでください。あなたには仕事と娯楽があり友達もいます。私にはあなたしかいないのです。

5. 私に時々話しかけてください。あなたの言葉が理解できなくても、話しかけてくれればあなたの声はわかります。

6. あなたがどのように私を扱っても、私はそれを忘れません。

7. 私を叩く前に、私にはくちばしがあってあなたの手の骨をたやすく噛み砕いてしまうこともできるということを思い出してください。でも私は噛みません。

8. 私を協力的でない、ガンコ、だらしないと叱る前に、そうさせる原因があるかどうか考えてみてください。たぶん適切な食べ物をもらっていないか、ケージにいる時間が長すぎるのです。

9. 私が年老いても世話をしてください。あなたも年をとるのですから。

10. 私が最後に旅立つとき、一緒にいてください。“見ていられない”とか“自分のいないときであってほしい”なんて言わないで。あなたがそこにいてくれれば、どんなことも平気です。あなたを愛しているのだから。


TEN COMMANDMENTS OF PARROT OWNERSHIP
- From a parrot's point of view -
By Jane Hallander (ジェーン・ホランダー著)

転載元:TSUBASA


------------


『鳥の十戒』(10 Commandments of Parrot Ownership)が原文であるとか
『犬の十戒』は、これを元として翻案されたとか。

いろいろと説はあるようですが、だからなに?って思います。
生き物を飼うという責任は、相手が鳥であろうと犬であろうと、生き物全てに通ずるものです。

私も、この十戒を胸に留め、心を離さないよう
これからも、親バカ鳥バカ、貫きまっす!(*´ー`*)ノ



     鳥




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ささやかな暮らしへ 
にほんブログ村 鳥ブログ セキセイインコへ 

最近記事長いよなぁ…。汗

このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。